初心者向けの資産運用NAVI~現在の注目はコレだ!~

海外に注目する

Real estate

初心者の資産運用として、国内の小口の不動産投資が注目されています。しかし、中には海外の不動産投資に目を向けている人もいます。海外が注目されている理由として、海外の不動産投資に力を入れている企業も多く出てきており、日本語でも不動産投資を行うことができるように多くの工夫がされていることがあります。一見とっつきにくそうに見える海外の不動産投資も、現在ではやりやすくなってきており、敷居が低くなりつつあります。
海外の不動産投資は、物件が安く日本では考えられないような金額で、高級な物件を購入することが可能です。特にアジア圏の発展途上国は、日本よりもだいぶ物価が安く比較的アクセスの良い発展した地域でも、安く物件を購入することができます。海外の不動産投資は、あまり初心者向けの資産運用に見えないことも有りますが、実は初期投資も少額で済む場合もあることから、静かに注目を集めています。

海外の不動産投資を資産運用として活用するメリットに、発展途上国の人口があります。マレーシアやフィリピン等の発展途上国では、人口の大半が若年層となっており、住宅の需要を見込むことが出来ます。また、人口も多く、空き家や空き室のリスクが日本国内よりも少ないというメリットがあります。他にもノンリコースローンという連帯保証人を立てることなく、物件を担保にするローンを組むことが出来ます。海外の物件を手放すことにより、ローンの返済義務もなくなるので、万が一資産運用が上手く行かなかったという時にもリスクを減らすことができます。そのため、初心者でも、高い利益を上げることができる運用の1つで、多くの人が注目しています。